ノルバスクは代表的な高血圧症を治療するための薬です。ノルバスク等の降圧剤は服用方法を誤ると死に直結する可能性のある、とても注意が必要なお薬です。しかし、うまく付き合えばアナタの良き助けとなる非常に優秀な治療薬でもあります。

2016年08月の記事一覧

ノルバスクの効果と風邪や肝炎に対する影響について

ノルバスクは血圧を下げる薬として非常に多くの場面で使用されています。その主成分であるカルシウム拮抗薬が上昇する原因となる冠動脈の収縮、血流の増加、或いは胃腸の過剰な動きなどによい効果を与えることから、総合的に血圧を制御できる薬として広く使用されています。血圧を下げる薬は他にもさまざまな種類が有りますが、総合的に効果があることやその効果が長時間継続することから、非常に良く使われる薬です。
しかし、ノルバスクには副作用もあります。代表的な症状としては、白血球が減少する傾向があり免疫力が低下するため、風邪をひきやすくなるという傾向が有ります。風邪のウィルスは空気中に飛散しており免疫力が低下したり、体が疲れやすくなると感染してしまうものですが、ノルバスクを服用している場合には特にウィルスに対する免疫力が低くなってしまうため、風邪をひきやすくなるので注意が必要です。
さらに、肝炎にも十分に注意する必要があります。肝炎も風邪同様にウィルスにより感染するものですが、ノルバスクを服用している場合には風邪と同様に感染しやすくなる傾向が有ります。さらに、ノルバスクを服用している場合、肝炎の治療薬は禁忌となっているため同時に服用が出来ないからです。その為、肝炎と診断された場合には医師の判断によりノルバスクの服用を一旦停止し体調管理を行いながら肝炎の治療を行うということが必要になります。
肝炎は初期には風邪と同様の症状であるためなかなか分かりにくいことも少なく有りません。ノルバスクを服用している場合にはそのどちらにも脆弱な状態となってしまうため、自己管理を徹底して行うとともに、体調に異変を感じたら医師の診察を受けることが大切です。

続きを読む

専門医療機関での診療でノルバスクの処方について

「ノルバスク」は、血圧を下げる効果があり、高血圧の方や狭心症の症状のある方に有効な内服薬です。世界的手にも有名な高血圧の薬として有名で使用されています。日本では、厚生労働省から1993年から認可を受けて、医療機関での処方が始まっています。
ノルバスクは、カルシウム拮抗薬に属します。この成分は、血管に存在する筋肉を拡張させるはたらきを持ち、血管にダイレクトに作用することで血圧を下げる作用を持ちます。血管に直接働きかけるので、そのほかの余計な働きが少ないです。
ノルバスクの副作用は、一番はほてり症状、動機や頭痛、めまいなどがあります。しかし、副作用が少ないお薬としても有名で、副作用症状がかなり少ないとされています。免疫力が低下している高齢者の方にも安全な薬として認識されているので、高血圧症と診断を受けた方に一番最初に使用される治療薬です。もし、飲み初めころに副作用が出たとしても、継続していくうちにおさまるケースが多いです。また、ノルバスクの薬価は安価なので、使用する側も安心して使用することができるところもメリットです。持続効果があるので、1日1回の服用で効果があるので、飲みやすいです。
そしてノルバスクを服用する原因となる高血圧にはあまり自覚症状がないといわれています。安静にしているときに頭痛や頭重感、めまい、耳鳴りなどを感じる場合があります。高コレステロールの摂取、喫煙、辛い物の摂取など血圧が上昇すると言われています。糖尿病や心臓病を合併する場合もあるので、注意が必要です。
日常的に血圧測定されていて、いつもと血圧が異なっていたり、何かしらの症状があれば、内科などの専門医療機関などで、診療を受けることをお勧めします。

続きを読む