ノルバスクは代表的な高血圧症を治療するための薬です。ノルバスク等の降圧剤は服用方法を誤ると死に直結する可能性のある、とても注意が必要なお薬です。しかし、うまく付き合えばアナタの良き助けとなる非常に優秀な治療薬でもあります。

2016年10月の記事一覧

CA拮抗薬のノルバスク、精神安定剤との併用は

ノルバスクは高血圧や狭心症の治療のために用いられる薬です。これらの治療に用いられる薬にはいろいろなタイプ、種類のものがありますが、その中でノルバスクはCA拮抗薬というものに分類される薬です。CAというのはカルシウムのことです。CA拮抗薬は高血圧の第一選択薬とされています。CA拮抗薬の中でもノルバスクは最も広く用いられています。
その理由は、副作用が少ないこと、どちらかというと効果がマイルドで、かつ持続性があるためです。
なぜ高血圧や狭心症に効くのかといいますと、これにはもちろんカルシウムが関係しています。血管壁の細胞中にカルシウムが流入することにより、血管が収縮し、そのため血圧も上がることが分かっています。ノルバスクは、血管壁の細胞中にカルシウムが流入することを阻害します。そのためCA拮抗薬という名前がついているわけですが、この働きにより血管が拡張し、血圧も低下する、という仕組みです。狭心症に対しても同じ仕組みで、心臓を取り巻く冠動脈の血管を拡張させることにより、心臓を動かすための血流量が低下した狭心症の症状を改善させるわけです。
さて、精神安定剤との併用ですが、この問題を理解するには、この薬の体内での代謝について知る必要があります。
ノルバスクの代謝には、CYP3A4と呼ばれる酵素が関与しています。そのため、同じようにこの酵素で代謝される薬と併用すると、酵素を取り合いになる結果として、両方の薬ともに代謝が遅くなって血中濃度が高まり、副作用が起きる可能性も高まります。また、CYP3A4の働きを阻害するような薬と併用しても、ノルバスクの代謝は阻害されますから同じようなことが起きる可能性があります。

続きを読む