ノルバスク等の降圧剤について|降圧.com

ノルバスクは代表的な高血圧症を治療するための薬です。ノルバスク等の降圧剤は服用方法を誤ると死に直結する可能性のある、とても注意が必要なお薬です。しかし、うまく付き合えばアナタの良き助けとなる非常に優秀な治療薬でもあります。

ノルバスク等の降圧剤に含まれる成分

アムロジピンベシル酸塩という成分が入っているノルバスクノルバスクはアムロジピンベシル酸塩という成分のお薬です。この成分の働きとしては、心臓や体の血管を広げて血液の流れをよくする作用があります。血管壁の細胞にカルシウムが流れ込むと、血管が収縮して血圧が上がります。このときノルバスクの成分が体内にあると、カルシウムが細胞内に入るのをおさえこみます。すると血管が広がり血圧が下がるので、心臓の収縮をおさえて心臓を休ませる働きをします。このような作用があることから、カルシウム拮抗薬ともよばれています。こうして血圧を適正に安定させることで、血管や心臓、腎臓などの病気を防ぐことにつながっていきます。ノルバスクはこの他にも、脳・腎臓・手足・目の網膜など体全体の血液の流れをよくするので、いろいろな病気に応用されています。
ノルバスクの成分を持つ系統のお薬は、効き目がよく安全性が高いので、高血圧の治療薬に第一選択されています。紅潮や頭痛、動悸などの副作用も少なく、血糖、尿酸、脂質などにも影響を及ぼすことがないので、年齢を問わず広く使うことができます。そのため合併症のある高齢者にも適しています。長期臨床試験でも予後改善効果(長生き効果)が認められています。1日に1回あるいは2回の服用でよいという、効果が持続するタイプの製剤を使うのが一般的です。
降圧剤のように血圧を降下させるためのお薬には、様々な種類がありますが、お薬によっては効果が人それぞれの現れ方をするので、ご自分の体調に合う、快適な生活を続けられるようなお薬に出会えることが一番です。服用の負担感が少なく目標に直結しやすいお薬で、毎日の生活をより豊かに過ごすことができれば、これほどうれしいことはありません。

ノルバスクとノルバデックスは同じお薬?

ノルバスクとノルバデックスの違いを解説している医師の画像ノルバスクとノルバデックスは名前が非常に酷似していますが、成分から作用まで全く別の治療薬となっています。ノルバスクは成分をアムロジピンベシル酸塩として、高血圧症や狭心症の治療に用いる降圧剤の種類で、カルシウムが細胞内に流入することを防いで血管の収縮を抑えて血圧を改善します。血中半減期が長いことから36時間ほどの作用が見込まれ、1日に1回の服用でよく、副作用も少ないことから高血圧の第一選択となる飲み薬です。安全性が高く、血圧のコントロールに良く効く薬として利用されています。対するノルバデックスはタモキシフェンクエン酸塩を有効成分にした抗エストロゲン薬と呼ばれ、乳ガン細胞にあるエストロゲン受容体に女性ホルモンであるエストロゲンが結合することをブロックすることでガン細胞の増殖を抑えることから、乳ガン治療に使用される医薬品となります。また、抗エストロゲン作用によって体内でエストロゲンが不足していると勘違いした脳がエストロゲンの分泌量を増やすことで排卵を促進させることから、排卵誘発剤としての使い方もあります。そのため、排卵の障害が原因で起こる不妊症にも有効的とされ、さらに体外受精や人工授精のときに、妊娠率を上げる目的としても利用されています。女性が使う医薬品となるため、男性にはあまり馴染みのない薬となりますが、2つが並ぶと混同して分かりづらくなるため、夫婦で使用している際は、誤って飲まないように別々に保管しておきましょう。医療機関でも誤って処方してしまったこともあるため、病院や薬局で受け取ったらまずは中身を確認しておくことも重要です。どちらの医薬品も命に関わる可能性があるので、慎重に使用していかなくてはいけません。

ノルバスクの薬価、安くなることはあるの?

ノルバスクは安くなるか気にしている高齢の女性ノルバスクは高血圧、狭心症の治療に用いられる飲み薬で、有効成分をアムロジピン、規格を2.5mg、5mg、10mgの3種類で用意し、使用する患者に対して有効的な容量を使い分けて増減しています。カルシウム拮抗薬に分類し、その部類の中では安全性が高く血圧を下げるには良く効く薬であることから、高血圧の治療において医師の第一選択となります。ノルバスクの効果も長い時間で作用し、1日1回の服用で十分であることから飲み忘れといった問題にも対処でき、医師だけでなく患者も使用しやすいのがメリットとなっています。価格はこの数年で非常に安くなっており、現在では2.5mgが29.9円、5mgが54.5mg、10mgでは82.8円が薬価となります。ちなみに薬価とは健康保険で使われる薬に対し、国が決める値段のことを指し、2年に1度の頻度で、診療報酬改定の際に価格の見直しを行っています。国が決定する薬価は健康保険が適応された状態で医療機関が患者に渡す時の値段となっており、多く処方されればそれだけ原価も下がるので、多くの流通量がカギとなります。とはいえ、薬価は基本的に安くなっていくもので、ジェネリックが販売されればその分だけ流通量も増すことから、薬価も徐々に下がっていくことになります。ノルバスクはジェネリックが販売されてからアムロジピンの原価が下がり、薬価も安くなっていくので、次回の更新ではさらに安い値段になる可能性があります。逆転現象が起こり高くなったり、価格の変動が起こることもありますが、この現象は稀なことでまず起こり得るものではないため、高くなるという心配は必要ないでしょう。基本的にはメーカーの値引合戦が起こって、価格改定で一気に安くなるものなので、ノルバスクは今後も安くなっていくと考えられます。

◎降圧剤ノルバスクについてもっと詳しく知りたい方へ
ノルバスクの概要