ノルバスクは代表的な高血圧症を治療するための薬です。ノルバスク等の降圧剤は服用方法を誤ると死に直結する可能性のある、とても注意が必要なお薬です。しかし、うまく付き合えばアナタの良き助けとなる非常に優秀な治療薬でもあります。

2017年02月の記事一覧

高血圧症治療薬のノルバスクはコンビニで買えない

高血圧症と診断された人は、実は少なくありません。
ただ、顕著な自覚症状がないだけに、何の治療もせずに放置している人が多いのです。
高血圧症はサイレントキラーとも呼ばれ、知らない間に体を蝕んで、心筋梗塞や脳卒中などといった命取りになりかねない重篤な疾病を引き起こす危険性を秘めているのです。
ですから、健康診断で高血圧症と診断されたら、速やかに治療にとりかかるのが望ましいです。
現在、ノルバスクという有能な治療薬が出ています。
ノルバスクの効果は、心臓や体の血管を拡張して血流をよくする働きがあるのです。
それで、高血圧症や狭心症の治療に役だっています。
また、脳や腎臓、目の網膜などの血流をも改善しますので、多種の病気に使用されています。
ノルバスクはカルシウム拮抗薬に分類されています。
効果は抜群で、しかも安全性が高いことでも有名です。
副作用はほとんどなく、高齢者にも安心して処方できますので、臨床の場面では第一選択される治療薬となっています。
いわば、高血圧症治療薬の標準として、ノルバスクがみなされているのです。
ノルバスクは、医療機関で処方してもらうか、あるいは、ネット通販で購入することも可能です。
というのは、ノルバスクは国境をこえて世界的に使用されている薬ですので、自分自身が服用する前提であれば、海外から医薬品を個人輸入することは法律的にも問題はありません。
通販で購入すれば、病院で処方してもらうよりも安価で入手できる、というのが一番のメリットです。
病院で処方してもらうと、往復の時間や待ち時間、初診料、交通費なども含めると、かなりの手間と出費を強いられます。
多忙で病院に行く時間のない人や、少しでも出費を抑えたい人には、通販は利用価値があります。
なお、コンビニでノルバスクを買うことはできません。

続きを読む

ノルバスクの効果とドレッシングやわさびについて

ノルバスクは高血圧を抑える効果のある薬です。

世界的にも有名なファイザー社から発売されていて
日本でも厚生労働省から認可を受けており
1993年から病院でも処方されている薬です。
血管を広げて血流を良くする効果があり、安全性の高い薬としても知られています。
病院によっては、狭心症の薬として使用されることもあります。
副作用の少ない薬としても有名で、高血圧を抑える薬の副作用である
頭痛や動悸などがほとんどないため、安心して使用することができます。

現在は通販や個人輸入でも購入することができ、
個人の使用は法律でも認められています。

そして、ノルバスクを服用することと共に大切なのは
普段の生活や食事の面からも血圧の上昇を抑える工夫が必要です。

血圧を上げる要因の代表的なものに、塩分の摂り過ぎがありますが
知らず知らずのうちにあらゆる食事に塩分が含まれていることが多いのです。

特に外食が多い方には
塩分測定器の購入もひとつの方法ではありますが
お金がかかる部分でもあるので、簡単な対策を取るとすれば
サラダに使うドレッシングや、塩の代用として
わさびや生姜などを使用してみてはいかがでしょうか?

ドレッシングを使用する際には柑橘系のものを選ぶといいでしょう。

調味料にも大概塩分が含まれていることが多いので
七味やチリパウダーなどの唐辛子系を使用したり
醤油の代わりにわさびや生姜、にんにく等を使うこともお勧めです。

大量のアルコール摂取やタバコの吸い過ぎも高血圧の原因となります。
運動不足による肥満も高血圧の原因のひとつです。

普段の生活を見直し、適度な運動と塩分のコントロールを行いつつ
ノルバスクを服用する形を取ることが高血圧の改善に最も有効な方法ではないでしょうか?

続きを読む

ノルバスクのメカニズムは相談するまでもない

高血圧症と見られている日本人の数は、厚生労働省の調査では、日本全国で4,000万人以上との報告があります。
なんと、日本人の3人に1人は高血圧症と推測されているのです。
困ったことに、高血圧症の人の割合は、年齢を重ねるごと増えていき、50代で3人に1人、60代以上では2人に1人が高血圧症になっているのが現実なのです。
高血圧症がこのように蔓延しているのには、原因が考えられます。
そもそも、日本人の食生活は、以前から塩分が多い食事内容となっています。
塩辛い味つけに舌が慣れていることもあって、塩分摂取が自然と多くなってきているのです。
また、昨今はストレスがたまりやすくなっており、血圧が高くなる人が増えているのも事実なのです。
昨今は、治療薬の開発も進展し、ノルバスクのように優れた薬が開発されるに至りました。
ノルバスクが効果を発揮するメカニズムは、服用によって血管を拡張させることで血流が良くなり、その結果、血圧が下がるというものです。
ノルバスクには、アムロジピンが成分として含まれています。
アムロジピンとはカルシウムチャネル拮抗薬に分類されている薬なのです。
そもそも、カルシウムが体内に入ると、血管が収縮してしまい、これが、血圧が上昇する原因となっているのです。
カルシウムチャネル拮抗薬は、カルシウムが細胞内に入ることを防御する働きがあります。
これによって、血管が収縮することがありませんので、血圧も正常にコントロールされることになります。
また、ノルバスクは副作用が少ないことでも知られています。
強力な効能が期待される治療薬なのですが、副作用がほとんどないことで、医師としても安心して処方できるのです。
いまや、健康診断で高血圧症と診断された人が医師に相談に行ったとき、最初に処方される治療薬がノルバスクである、とされるほど、信頼性の高い薬になっています。

続きを読む

CA拮抗薬のノルバスク、精神安定剤との併用は

ノルバスクは高血圧や狭心症の治療のために用いられる薬です。これらの治療に用いられる薬にはいろいろなタイプ、種類のものがありますが、その中でノルバスクはCA拮抗薬というものに分類される薬です。CAというのはカルシウムのことです。CA拮抗薬は高血圧の第一選択薬とされています。CA拮抗薬の中でもノルバスクは最も広く用いられています。
その理由は、副作用が少ないこと、どちらかというと効果がマイルドで、かつ持続性があるためです。
なぜ高血圧や狭心症に効くのかといいますと、これにはもちろんカルシウムが関係しています。血管壁の細胞中にカルシウムが流入することにより、血管が収縮し、そのため血圧も上がることが分かっています。ノルバスクは、血管壁の細胞中にカルシウムが流入することを阻害します。そのためCA拮抗薬という名前がついているわけですが、この働きにより血管が拡張し、血圧も低下する、という仕組みです。狭心症に対しても同じ仕組みで、心臓を取り巻く冠動脈の血管を拡張させることにより、心臓を動かすための血流量が低下した狭心症の症状を改善させるわけです。
さて、精神安定剤との併用ですが、この問題を理解するには、この薬の体内での代謝について知る必要があります。
ノルバスクの代謝には、CYP3A4と呼ばれる酵素が関与しています。そのため、同じようにこの酵素で代謝される薬と併用すると、酵素を取り合いになる結果として、両方の薬ともに代謝が遅くなって血中濃度が高まり、副作用が起きる可能性も高まります。また、CYP3A4の働きを阻害するような薬と併用しても、ノルバスクの代謝は阻害されますから同じようなことが起きる可能性があります。

続きを読む

血圧が高い患者は水分排出とノルバスクによる降圧

ノルバスクを使用することによって高血圧の管理をしている人も世の中には大勢います。カルシウム拮抗薬であるノルバスクは多くの人に使用できる降圧剤であり、心臓への負担を軽減できることから狭心症の患者にも使用されます。ノルバスクがよく使用されるのはその信頼性の高さと副作用の少なさであり、長期間服用している人が多くて実績的に十分であることが信頼につながっています。しかし、血圧が高い患者になるとノルバスクだけでは不十分であるという場合もあり、そういった場合には他の降圧剤の併用が行われていくことになります。カルシウム拮抗薬は他の降圧剤との併用もしやすいのがメリットであり、ノルバスクは血圧が特別に高い患者に対しても有用性が高い治療薬です。比較的良く用いられる組み合わせとして選ばれるのが利尿剤であり、尿による水分の排出を促すことができるのが利尿剤の特徴です。水分と一緒にミネラルも排出することになりますが、高血圧患者の場合にはナトリウムが過剰になっていることが多く、ナトリウムの排出を促すことが水分排出の目的となっています。そうすることによって体の中にたまってしまっているナトリウムを減らすことができ、血圧を下げることに寄与していくという仕組みになっています。カルシウム拮抗薬であるノルバスクは血管や心臓のカルシウムチャネルを阻害することによって降圧効果を発揮することから、利尿剤とはメカニズム上で互いに干渉しあうことがありません。そのため、互いに影響しあうことなく降圧効果を発揮できることになり、併用することで相加効果が生じてより高い降圧作用を期待することができます。血圧が特別に高い患者の血圧管理に有用な方法となっています。

続きを読む

ノルバスクの効果と風邪や肝炎に対する影響について

ノルバスクは血圧を下げる薬として非常に多くの場面で使用されています。その主成分であるカルシウム拮抗薬が上昇する原因となる冠動脈の収縮、血流の増加、或いは胃腸の過剰な動きなどによい効果を与えることから、総合的に血圧を制御できる薬として広く使用されています。血圧を下げる薬は他にもさまざまな種類が有りますが、総合的に効果があることやその効果が長時間継続することから、非常に良く使われる薬です。
しかし、ノルバスクには副作用もあります。代表的な症状としては、白血球が減少する傾向があり免疫力が低下するため、風邪をひきやすくなるという傾向が有ります。風邪のウィルスは空気中に飛散しており免疫力が低下したり、体が疲れやすくなると感染してしまうものですが、ノルバスクを服用している場合には特にウィルスに対する免疫力が低くなってしまうため、風邪をひきやすくなるので注意が必要です。
さらに、肝炎にも十分に注意する必要があります。肝炎も風邪同様にウィルスにより感染するものですが、ノルバスクを服用している場合には風邪と同様に感染しやすくなる傾向が有ります。さらに、ノルバスクを服用している場合、肝炎の治療薬は禁忌となっているため同時に服用が出来ないからです。その為、肝炎と診断された場合には医師の判断によりノルバスクの服用を一旦停止し体調管理を行いながら肝炎の治療を行うということが必要になります。
肝炎は初期には風邪と同様の症状であるためなかなか分かりにくいことも少なく有りません。ノルバスクを服用している場合にはそのどちらにも脆弱な状態となってしまうため、自己管理を徹底して行うとともに、体調に異変を感じたら医師の診察を受けることが大切です。

続きを読む

専門医療機関での診療でノルバスクの処方について

「ノルバスク」は、血圧を下げる効果があり、高血圧の方や狭心症の症状のある方に有効な内服薬です。世界的手にも有名な高血圧の薬として有名で使用されています。日本では、厚生労働省から1993年から認可を受けて、医療機関での処方が始まっています。
ノルバスクは、カルシウム拮抗薬に属します。この成分は、血管に存在する筋肉を拡張させるはたらきを持ち、血管にダイレクトに作用することで血圧を下げる作用を持ちます。血管に直接働きかけるので、そのほかの余計な働きが少ないです。
ノルバスクの副作用は、一番はほてり症状、動機や頭痛、めまいなどがあります。しかし、副作用が少ないお薬としても有名で、副作用症状がかなり少ないとされています。免疫力が低下している高齢者の方にも安全な薬として認識されているので、高血圧症と診断を受けた方に一番最初に使用される治療薬です。もし、飲み初めころに副作用が出たとしても、継続していくうちにおさまるケースが多いです。また、ノルバスクの薬価は安価なので、使用する側も安心して使用することができるところもメリットです。持続効果があるので、1日1回の服用で効果があるので、飲みやすいです。
そしてノルバスクを服用する原因となる高血圧にはあまり自覚症状がないといわれています。安静にしているときに頭痛や頭重感、めまい、耳鳴りなどを感じる場合があります。高コレステロールの摂取、喫煙、辛い物の摂取など血圧が上昇すると言われています。糖尿病や心臓病を合併する場合もあるので、注意が必要です。
日常的に血圧測定されていて、いつもと血圧が異なっていたり、何かしらの症状があれば、内科などの専門医療機関などで、診療を受けることをお勧めします。

続きを読む